こんにちは。

Firefoxが52.0.2にバージョンアップされましたので紹介します。

Firefox 52.0.2 はいくつかの問題修正が行われています


Firefox 52の修正版の52.0.2がリリースされました。

今回の52.0.2のリリースでは、いくつかの問題が修正されているようです。
ただ、恒例のセキュリティに関する更新は無いようです。

すでに自動更新が始まっていますので、そのうち自動的にアップデートされるでしょう。

Firefoxを起動してしばらく放っておけば自動的にバージョンアップされると思いますが、Firefoxメニューの「ヘルプ」→「Firefoxについて」とたどって、自動バージョンアップすることも出来ます。

2017-03-29_13h39_37

ソフトウェア情報


ソフトウェア名称Firefox(ファイアーフォックス)
公式サイトhttp://www.mozilla.jp/
最新バージョン52.0.2 (2017.3.29現在)


アップデート内容をチェック!



今回の修正では、いくつかの問題が修正されています。

日本語のリリースノートが出ていましたので載せておきます。

Mozilla Firerox リリースノート(日本語)

  • インドの一部言語のフォールバックフォントに Nirmala UI を使うようにしました。

  • セッション復元時にタブ上のサイトアイコンが読み込まれない問題を修正しました。

  • Linux での起動時のクラッシュを修正しました。

  • 新規インストール時に既定のブラウザーを変更するかどうかを尋ねるプロンプトが表示されない問題を修正しました。



セッション復元時にタブ上のサイトアイコンが読み込まれない問題を修正


実はこれ、不具合だったのか! というのが私の感想です。

私は、通常のリリースのFirefoxに加えて、テスト用のNightlyビルドというものも使っているのですが、Nightlyビルドでもこの症状に気付いていました。

仕様が変わったのかなと思っていたのですが、不具合だったとは・・・
確かに、今にNightlyビルドを見て見ると直ってますね。

実際の動作に問題があるわけではありませんが、視認性が良くなりますので、直ってくれて良かったです。



Firefoxは常に最新版を使っておきましょう!


今回のアップデートでは、セキュリティ関連の修正はありませんでしたが、いくつかの不具合が修正されています。
すみやかにアップデートしておいた方がいいでしょう!
また更新情報がありましたらお知らせします。