こんにちは。

Firefoxが47.0.1にバージョンアップされましたので紹介します。

Firefox 47.0.1 はSeleniumとの相性問題のみ解決されています


今回の47.0.1のリリースでは、Seleniumとの相性問題が解決されています。
リリースノートを見る限りでは、セキュリティの問題は修正されていないようです。

すでに自動更新が始まっていますので、そのうち自動的にアップデートされるでしょう。

Firefoxを起動してしばらく放っておけば自動的にバージョンアップされると思いますが、Firefoxメニューの「ヘルプ」→「Firefoxについて」とたどって、自動バージョンアップすることも出来ます。

Image_0196_201606302225

ソフトウェア情報


ソフトウェア名称Firefox(ファイアーフォックス)
公式サイトhttp://www.mozilla.jp/
最新バージョン47.0.1 (2016.6.30現在)


アップデート内容をチェック!


今回のアップデートでは、すでに日本語のリリースノートが出ているので載せておきますね。

Firefox リリースノート(日本語版)


変更点は、以下の通りです。

  • Selenium WebDriver によって Firefox が起動時にクラッシュすることがある不具合を修正しました


変更点は、この1点のみです。

ですが、このリリースノートを見ても一般の方は意味が分からないんじゃないでしょうか?
Seleniumって聞いても何のことだか分からないですよね?

Seleniumは、よくシステムの開発なんかで使われている自動テストツールです。
まぁ、使えるのはテストだけではないんですが、ブラウザをある決まったパターンで自動的に動かしてしまうことができるとても便利なツールです。


システムの開発では、何か問題があって修正した場合には、その修正が他の部分に悪さをしていないかもう一度テストする必要があるんですね。

ですが、何かを修正するたびに手動で全部テストしていたのではとてもじゃないですがテストしきれないんです。

そこで、Seleniumを使ってブラウザを使ったテストは自動的にやらせてしまおう、ということが出来てしまうシステム開発屋にとってはとても便利なツールなんです。


今回の修正では、そのSeleniumを使ったときにクラッシュする問題が解決されているのでシステム開発屋にとってはとても助かる修正になるはずです。

私は、久しくSeleniumを使った開発をやっていないのでこんな問題があるとは知りませんでした。

いずれまたSeleniumを使った開発に関わると思うので、そのときはこんな修正があったんだなということを思い出したいと思います。




Firefoxは常に最新版を使っておきましょう!


今回のアップデートでは、一般の方にとってはあまり関係の無いアップデートかも知れませんがブラウザは常に最新の状態にしておいた方がいいです。
今回はありませんが、セキュリティの問題も解決されていたりしますので。

そのうち自動的にアップデートされますが、すみやかにアップデートしましょう!
また更新情報がありましたらお知らせします。