こんにちは。

Firefoxが44.0にメジャーバージョンアップされましたので紹介します。

Firefox 44 はプッシュ通知対応がメインの変更?セキュリティ関連の問題も修正されています


今回の44.0のメインの変更点は、プッシュ通知に対応したことだそうです。そのほか、恒例のセキュリティ関連の修正も行われているようです。
すでに自動更新が始まっていますので、そのうち自動的にアップデートされるでしょう。

Firefoxを起動してしばらく放っておけば自動的にバージョンアップされると思いますが、Firefoxメニューの「ヘルプ」→「Firefoxについて」とたどって、自動バージョンアップすることも出来ます。

Image_0160_201601280007

ソフトウェア情報


ソフトウェア名称Firefox(ファイアーフォックス)
公式サイトhttp://www.mozilla.jp/
最新バージョン44.0 (2016.1.28現在)


アップデート内容をチェック!


今回のバージョンの新機能と変更点を確認してみます。日本語版のリリースノートが出ていますので載せておきます。

44.0リリースノート


新機能は、以下の通りです。


  • 証明書がエラー起きた場合、もしくは接続の安全性を確認できない場合に表示される警告画面が改善されました
  • デコーダがインストールされていれば、Linux で H.264 が利用できるようになりました
  • MP4/H.264 が利用できない場合、WebM/VP9 が有効になります
  • コンポジットスレッドで動作するアニメーションは、アニメーションインスペクタのタイムラインにイナズマアイコン付きで表示されるようになりました
  • HTTPS でのコンテントエンコーディングで、brotli 圧縮が利用できるようになりました
  • 開発ツールのスクリーンショットコマンドで、ピクセル比を選択できるようになりました

あれ?プッシュ通知はどうなったんでしょうか?リリースノートには載っていませんね。
色々なサイトで取り上げられている変更なので、てっきり新機能としてリリースノートに載っているものだとばかり思っていました。リリースノートへの記述が間に合わなかったんでしょうか?

そのほかの新機能に関しては通常使っている限りではそれほど気付くようなものはなさそうです。



次に修正点と変更点です。


  • Windows XP と Vista で、動画再生時にスクリーンセーバを無効にできない不具合が修正されました (Bug 1193610)
  • いくつかのセキュリティ問題 を修正しました。
  • Web フォントの Unicode レンジに対応するため、Linux におけるフォントマッチングのコードが他のプラットフォームと共通化されました
  • 新しい要件に適合するため、Windows 版で SHA-256 で署名された証明書を利用するようになりました
  • RC4 復号器をサポートしなくなりました
  • サイト証明書の検証時に、Equifax Secure Certificate Authority の 1024 ビットルート証明書、および UTN - DATACorp SGC を信頼できる証明書としなくなりました
  • Web フォントの検証をより厳密に行うようになりました
  • Windows 8、および Windows 8.1 でスクリーンキーボードが利用できなくなりました。 これは一時的な措置です。

ここにもプッシュ通知に関しては記述無しです。どういう扱いなんだろうか?

変更点に関しても通常使っている限りでは気になるようなものはなさそうです。
地味に内部的に改良されているようですね。

いつものような大がかりな変更も良いですが、今回のような地味な修正を繰り返して着実に成長していってもらいたいな~と思っています。



最後にセキュリティ関連の修正点です。


MFSA 2016-10
コード監査を通じて発見された安全でないメモリ操作
MFSA 2016-03
WebGL におけるメモリ割り当て不足によるバッファオーバーフロー
MFSA 2016-01
様々なメモリ安全性の問題 (rv:44.0 / rv:38.6)

セキュリティに関する修正は12件ありましたが、最高レベルの3件を載せてみました。

修正内容に関してはいつもと同じような記述になっていますが、確実に修正して安全なブラウザに育っていって欲しいです。




特に問題が無ければFirefox 44 にアップデートしておきましょう!


今回のアップデートではプッシュ通知という目玉の機能とセキュリティ関連の修正が行われています。
セキュリティの問題に関しては最高レベルの3件も修正されていますので、アップデートした方がいいでしょう。

自動リリースもされますし、特に問題ながなければアップデートしておきましょう。
また更新情報がありましたらお知らせします。