こんにちは。

Firefoxが43.0.3にバージョンアップされましたので紹介します。

Firefox 43.0.3 はネットワークとYoutubeに関する修正


今回の43.0.3のリリースでは、ネットワーク関連の修正とYoutube関連の修正が行われているようです。
すでに自動更新が始まっていますので、そのうち自動的にアップデートされるでしょう。

Firefoxを起動してしばらく放っておけば自動的にバージョンアップされると思いますが、Firefoxメニューの「ヘルプ」→「Firefoxについて」とたどって、自動バージョンアップすることも出来ます。

Image_0156_201512290848

ソフトウェア情報

ソフトウェア名称Firefox(ファイアーフォックス)
公式サイトhttp://www.mozilla.jp/
最新バージョン43.0.3 (2015.12.29現在)


アップデート内容をチェック!


今回のバージョンはまだ日本語版のリリースノートがありませんので、英語版のリリースノートを載せておきます。

43.0.3リリースノート(英語版)


変更点は、二点あるようです。


Fix network issue when using Nvidia's Network Access Manager (1233237)

【Google翻訳】

NVIDIAのネットワークアクセスマネージャを使用している場合、ネットワークの問題を修正しました


私はAMDのビデオカードを使っているため、このNVIDIAのネットワークアクセスマネージャという物は知りませんでしたが、Web上を調べてみると結構問題があるソフトウェアのようですね。

このソフトウェアがFirefoxとどう関係していたのかは分かりませんが、問題が解決したのは良いことだと思います。
これで、NVIDIAのビデオカードを使っている方も安心してFirefoxを使えますね。


On some Windows configurations, improve the decoding of some videos on YouTube (1233970)

【Google翻訳】

一部のWindows設定ではYouTubeでいくつかのビデオのデコードを改善


内容としては、WEBM / VP9として再生されるべき動画が、MP4 / AVC として再生されてしまう、ということのようです。Youtube側ともやり取りをして問題を解決したようです。よかったよかった。

過去、Googleとはスポンサー契約を行っており良い関係だったと思いますが、今はその契約は解消されています。
しかし、こういう問題があった場合には協力して解決していって欲しいですね。



特に問題が無ければFirefox 43.0.3にアップデートしておきましょう!


今回のアップデートではとくにセキュリティの問題はありませんが、細かい問題が解消されたリリースです。
自動リリースもされますし、特に問題ながなければアップデートしておきましょう。
また更新情報がありましたらお知らせします。