こんにちは。

Firefoxが43.0.2にバージョンアップされましたので紹介します。

Firefox 43.0.2 はセキュリティと証明書関連の修正


Firefoxの43.0.1がリリースされたときに予告されていましたが、予定通り43.0.2がリリースされました。
すでに自動更新が始まっていますので、そのうち自動的にアップデートされるでしょう。

Firefoxを起動してしばらく放っておけば自動的にバージョンアップされると思いますが、Firefoxメニューの「ヘルプ」→「Firefoxについて」とたどって、自動バージョンアップすることも出来ます。

Image_0152_201512242301

ソフトウェア情報

ソフトウェア名称Firefox(ファイアーフォックス)
公式サイトhttp://www.mozilla.jp/
最新バージョン43.0.2 (2015.12.24現在)


アップデート内容をチェック!


今回のバージョンはまだ日本語版のリリースノートがありませんので、英語版のリリースノートを載せておきます。

43.0.2リリースノート(英語版)


変更点は、二点あるようです。


Various stability and security fixes

【Google翻訳】

様々な安定性とセキュリティの修正


今回、セキュリティに関する修正も行われたようですが、リンク先を見てもどんな問題が修正されたかは分かりませんでした。今後、情報が追加されるのかもしれません。

ただし、セキュリティ関連のアップデートですのでFirefoxの更新はしておいた方がいいですね。


Use a SHA-256 signing certificate for Windows builds, to meet new signing requirements

【Google翻訳】

Windowsのビルドのための新しい署名の要件を満たすためにSHA-256署名証明書を使用してください


43.0.1のアップデートの時の予告されていた、証明書関連のアップデートです。




セキュリティの修正も含まれていますのでFirefox 43.0.2にアップデートしておきましょう!


今回のアップデートは、セキュリティの問題+証明書関連のアップデートです。
自動リリースもされますし、特に問題ながなければアップデートしておきましょう。