こんにちは。

画面キャプチャソフト、「Capture STAFF - Light -」の紹介です。

ちょっと古いソフトですが、私はずっとこのソフトを使っています。
このブログで使用しているキャプチャ画面は、すべてこのソフトでキャプチャしました。

設定もわかりやすく、いろいろなことができるので、是非おすすめしたいソフトウェアです。

Image_0115_201412032339

ソフトウェア情報

ソフトウェア名称Capture STAFF - Light -
公式サイトhttp://hp.vector.co.jp/authors/VA017297/
最新バージョン0.29 (2014.12.03現在)


Png出力にも対応した画面キャプチャソフト!

皆さんは、通常どんな画像形式で画面キャプチャしているでしょうか?通常はJpegで出力することが多いと思います。しかし、Jpegは写真のような色がたくさんある画像はきれいに小さく出力してくれるのですが、Windowsのウインドウのように色が少なく、色の境目がはっきりしているような画像の出力は得意ではありません。輪郭がぼやけたような感じになってしまいます。

そこで、以前ですとGIFファイルがよく使われていたのですが、GIFは256色までしか対応しておらず、Windows7のようなグラデーションがかかってるウィンドウをキャプチャするには少々力不足です。そこで、私はPNGフォーマットを好んで使用しています。

場合によってはJpegの方がPNGよりもかなりファイルサイズが小さくなって、見栄えよりもサイズをとるときもありますが、そんな場合でも「Capture STAFF - Light -」は両方の出力に対応していますので、とりあえず両方でキャプチャをとっておいて後からどっちを使うか決める、そんな使い方をしています。

キャプチャに使用するキーのカスタマイズやキャプチャする範囲、出力画像フォーマット等を自由に設定できますので、自分の使いやすいよう設定を変えて使うのがよいでしょう。もちろん、デフォルトのままでも十分使うことができます。
※なんと、昔懐かしい16色MAGフォーマットにも対応しています。若い人は知らないか(笑)

ちなみに私は、Ctrl + F12でPNGのキャプチャ、Ctrl + F11でJpegキャプチャのように使い分けています。


ブラウザをスクロールさせて縦長のキャプチャも取得可能!

このソフトのもう一つの特徴として、ブラウザ等縦に長くスクロールするものについて、自動的にスクロールさせながらキャプチャを行い、1枚の縦長のキャプチャを取得することができます。この機能目当てで、このソフトを使用している方が多いのではないでしょうか?

実際は、ブラウザや環境によってうまくキャプチャが取得できないこともあるのですが、スクロールキャプチャの設定をいろいろ変えながら使用しています。


ちょっと古いソフトですが困ることはありません!

このソフトは2009年以降バージョンアップされておらず、分類的には古いソフトに区分されるかもしれませんが、実使用において困ることはない画面キャプチャソフトです。新しいソフトを探してみるのもいいですが、実績十分なこのソフトを使ってみるのもいいのではないでしょうか?