こんにちは。

昔から、Windowsのシステムクリーナーといえばこれ!「CCleaner」の紹介です。
タイミングよくメジャーバージョンが上がった最新版が公開されました。

Windowsでは、ソフトのインストール・アンインストールを繰り返すと、削除できなかったファイルが残ったり、レジストリにゴミが残ったりと、徐々にゴミがたまっていきます。そんなゴミをきれいさっぱりクリーニングしてくれるのがこの「CCleaner」です。

Image_0059_201411262253

ソフトウェア情報

ソフトウェア名称CCleaner
公式サイトhttp://www.piriform.com/ccleaner
最新バージョン5.00.5050 (2014.11.26現在)


Windowsを徹底的にクリーニング!

「CCleaner」は、その名の通りWindowsを徹底的にクリーニングしてくれます。代表的な機能としては、
  • Windows不要ファイルの削除
  • レジストリエラーの修正
  • Windowsの自動起動プログラムの設定管理
  • ブラウザのプラグインの管理

このあたりでしょうか。

Windows不要ファイルの削除機能に関しては、その名の通りインストール・アンインストールの残骸や、不要なキャッシュファイル等のクリアをしてくれます。たまに「CCleaner」を実行すると数百MB~数GBのファイルが削除されて空きができるなんてことも。

レジストリエラーに関しても、主原因としては、アプリケーションの残骸でしょうか。レジストリに登録されているにもかかわらず、参照先が無くなっている場合や、間違っている場合。「CCleaner」はこの間違っているレジストリを修正し、不要であれば削除してくれます。

定期的に「CCleaner」を実行することにより、無駄なディスクの容量を使わないようにすることができたり、不要なレジストリを削除して、Windowsがより安定した動作をするようにしてくれます。いいソフトですね。

あと、今回のバージョンからは、Google Chromeのプラグイン管理の機能も追加されたようです。(今までは、InternetExplorerとFirefoxのみ)

各ブラウザの設定画面からでももちろん有効・無効の切り替えはできるのですが、「CCleaner」から一元的に管理できるのは便利ですね。



この手のツールは危険?いや、CCleanerであれば大丈夫だ!

Windowsの不要ファイルを削除し、レジストリまで操作してしまう。一見するとちょっと危険なことをやっているような感じを受けますね。実際、一歩間違えると起動しなくなるおそれがある危険な行為なのですが、「CCleaner」は長年の歴史がなせる技なのか、非常に安定して作業を行うことができます。

私自身、今のところ「CCleaner」以外のシステムクリーナーツールを使う気は起こりません。それだけ長年使用して信頼しています。どんなソフトウェアでも100%安全ということは言えないのかもしれませんが、この「CCleaner」であればある程度信頼しても大丈夫なのではないでしょうか?


システムクリーナーツールはCCleanerさえあれば大丈夫!

システムクリーナー系のツールは世の中にたくさん出回っていますが、最初に使用するのであれば、長年の歴史があるこの「CCleaner」がいいと思います。使い勝手もよく安定していて、しかも大きな効果有りです。ダウンロードして使ってみてください。