=============================================
最新のセキュリティアップデートの記事を書いています。
参照してください。
セキュリティアップデート
=============================================


こんにちは。

本日は、PDFファイルを読むには欠かせない「Adobe Reader XI (アドビリーダー11)」のご紹介です。

あまりにもメジャーすぎて、紹介する必要も無いとは思いますが。

Image_0001_201411172338

ソフトウェア情報

ソフトウェア名称Adobe Reader XI (アドビリーダー11)
公式サイトhttp://www.adobe.com/jp/
最新バージョン11.0.09 (2014.11.18現在)


PDFを読むにはこれさえあれば大丈夫!

いたる所で使われているPDFファイルですが、もともとはAdobeによって開発されたファイルフォーマットです。
※現在は、国際標準化機構(ISO)によって管理され、仕様が公開されているオープンなファイルフォーマットです。

そのPDFファイルの開発元が作成した、PDFを読むためのビューアですので、互換性もバッチリ。AdobeReaderを使って読めないPDFはまずありません。(読めないと困ってしまいますが・・・)

PDFファイルを「読む」という基本機能に関しても当たり前ですが十分な機能を有しており、困ることは無いでしょう。AdobeReader以外にPDFファイルを表示できるビューアもいくつか存在しますが、そちらを使用する場合でも、まずは本家のAdobeReaderをインストールしておくといいと思います。


昔ほど遅くはない!

AdobeReaderに対して、みなさんはどのような印象を持っておられるでしょうか?
私のAdobeReaderに対する印象は、「遅い」、「重い」です。
PDFファイルを一つ開くにも起動に時間がかかり、起動してからも動作が緩慢、使っていてイライラする、こんな印象を持っています。

しかし、あらためて最新版のAdobeReaderをインストールしてみると、以外と快適に動作します。
AdobeReader本体も素早く起動しますし、ファイルを開いてからもきびきび動き、動作の遅さが気になるようなことはありません。

これは、Adobeの努力のたまものでしょうか。ハードウェアに頼らずソフトウェアの改良だけで問題を解決し、快適に動作するようになるってすばらしいですね。

ということで、最新版のAdobeReaderで動作の遅さが気になるようなことは無いと思います。
※PCのスペックにもよると思いますが。


AdobeReaderはインストールしておいて損は無し!

PDFの開発元のビューアであり、過去のバージョンと比べても動作の遅さも気にならなくなりました。
やはりリファレンスのビューアですので、最新版をダウンロードしてインストールしておいても損はないのではないでしょうか。
 カテゴリ